ブランド商品の輸入の注意点

ab591a109ebea61018030fc591066927_s


個人・中小企業のための輸出入相談所  行政書士・元通関士がお役立ち情報をご提供致します。

ブランド商品の輸入の注意点

こんにちは。輸出入の許認可扱う行政書士橋本健史です。

本日はブランド服飾品の輸入についての注意点についてお話したいと思います。

興味のある方は続きをお読みください。

 

偽ブランド品の輸入は犯罪です。

ブランドはそれぞれのメーカーが時間と費用をかけて育てた財産です。偽ブランドはこの財産を勝手に用いているということになります。当然輸入してはならないものとなっております。個人の方が、海外旅行で偽ブランドを持ち込んだ場合でも、良くて没収、数が多い場合や故意の場合は大変なことになってしまします。

偽ブランドは持ち込まないようにしましょう。審査官はプロですので、ごまかせるものではありません。

 輸入差し止め制度

ブランド等の商標権の権利者が偽ブランドを輸入させないようにするには、税関に輸入差止めをあらかじめ申請してしておく必要があります。

輸入差し止めを申請しておくと、その情報が輸入時に審査されますから、偽ブランドの水際の取り締まりに役立てられます。

大切な知的財産を守るために権利者の方は利用したい制度です。

もし、コピー商品が発見された場合は権利者に連絡がいくようです。そのあとに認定手続きというものに移行することもできます。

 

怪しい商品は輸入しない

コピー商品等は精巧に作られていますので、素人では判断がつきません。でも、取引の段階で怪しいと感じる場面があるはずです。

ブランド品の仕入れ値が安すぎる場合などは要注意です。

知らなかったではすみませんので注意しましょう。

 

これからも、輸出入に役立つ情報を紹介していく予定です。