護身用品は輸入承認が必要

8545adacad36b38654763d13b1c40771_s


個人・中小企業のための輸出入相談所  行政書士・元通関士がお役立ち情報をご提供致します。

護身用品は輸入承認が必要

こんにちは。

個人・中小企業の輸出入トラブル解決サイトの運営者橋本です。

ネット上で身を守るための護身用品などが販売されていますが、海外製品が多いようです。

このような商品を輸入するには輸入承認制度知ってかないと、税関で止まってしまいます。最悪は輸入できずに廃棄も・・・。

そんなことにならないために、興味のある方はお読みください。

 

護身用品は武器として考える

護身用品はそれ自体はそんなに危ないイメージはありませんので、軽く考えがちですが、関税分類では武器として扱われる可能性が高いものです。

棒であっても、護身用品として反撃に使うのであれば、武器として扱うということになります。93類に分類です。

その為、輸入承認にも銃刀法・武器等法に該当しないが93類(武器)に該当するものというカテゴリーが存在します。

輸入するには、このライセンスを取得します。

 

通称クボタンみたいな商品は該当

クボタンという護身術みたいなのがあるそうです。

小さな棒みたいなやつで、身を守る護身術のようです。その棒は先が尖っています。一撃で、戦意喪失ねらいでしょうか。

この商品も売られていますが、輸入時に輸入承認を取得していることが輸入の条件です。

 

輸入承認申請代行

当事務所では貿易法務代行を行っていますので、申請代行が可能です。通関士の経験もありますので、単なる代行ではなく輸出入コンサルタントとしてもご対応可能です。こんなもの輸入して見たいなど、御相談受付中!

 

これからも、輸出入に役立つ情報を紹介していく予定です。

yusyutukyoka