イギリスのEU離脱を輸出入から考えてみる

4509e58c644180649d8f814fe52439be_s

個人・中小企業のための輸出入相談所  行政書士・元通関士がお役立ち情報をご提供致します。

イギリスのEU離脱を輸出入の観点から考えてみる

こんにちは。

行政書士の橋本です。

まさかのイギリスのEU離脱から、約2週間が経ちました。

日本でも、円高の進行、株安などの影響が出始めている。

金融の事は、金融のプロに任せるとして、

私の専門の輸出入について、EU離脱の影響はどのようなことが

考えられるのか?

そんな疑問から、この記事を作成しました。

 

イギリスのEU離脱が決定しました。

 

このことが、輸出入の観点から日本にどのような影響があるか、考えてみる。

一つ目は、日本からの輸出についての影響を、2つ目はイギリスからの輸入に

ついての影響を、3つ目はイギリスで日本企業が現地生産することへの影響を考えてみたい。

 

512fe7725ee5b542f328fdf89703530a_s

 

日本からの輸出についての影響

 

日本からのイギリスに商品を輸出する場合には、

日本で輸出許可を受け、イギリスで輸入許可を受ける。

結論から言うと、これらの流れのなかで、企業が懸念するようなこと

(主に関税の増加等)は、発生しないのではないかと思われる。

 

なぜなら、日本からの輸出については、輸出関税は、

もとから存在せず、今後もない。

ここは変わらないので、影響がない。

 

また、イギリスでの日本製品の輸入許可についても、

現時点でも品目により関税課税品、非課税品があるだろうし、

輸入国であるイギリスの関税制度に変更がない限り、

影響が無いと考えられるからだ。

 

ただし、EUから離脱することによって、イギリスが苦しい立場になり、

イギリス国内産業の保護の必要性が増したときは、

関税を高くすることによって、外国製品の競争力を下げ、

国内産業を守ろうとするかもしれない。

 

そのような事態になったときには、イギリスを中心に輸出している企業は、

苦しい経営になる可能性がある。

 

 

イギリスから日本への輸入の影響

 

イギリスから日本への、輸入の影響については、現時点での関税制度の

変更が無ければ、輸出と同じく影響がないのではないだろうか。

 

輸入品には、日本では関税と消費税がかかる

(関税が無税のものもたくさんある。)が、

イギリス製品には、主に協定税率という税率がほぼ適用される。

 

この協定税率について変更が無ければ、今と変わらず輸入を行うことになる。

 

ただし、イギリスが日本製品のイギリスへの輸入に

高関税を適用したりすると、

日本側も対抗措置をとる方法(対抗関税)があり、文字どうり対抗して関税を

高くすることが出来る制度があるので、運が悪ければ影響を受ける可能性がある。

(対抗関税って、通関士してた時も、めったに聞かなかったから、可能性は低いと思う。)

 

日本企業のイギリスでの現地生産についての影響

 

イギリスはEU加盟国だから、イギリスで生産して、EU加盟国に貨物を輸出しても、

関税は今の制度では無いと思う。

このことが、わざわざイギリスでEU向けの商品を生産する一番メリットと考えているが、

EUを離脱してしまったら、EU加盟国ではないので、また関税の課税が発生し、

イギリスでの現地生産を行うメリットが、大きく減少してしまうのではないだろうか。

 

何のために、イギリスで生産してるか意味が分からなくなってしまうはずだ。

 

当然、工場の移転や、廃止を考える企業も沢山出てくると思う。

工場の売却等は手間がきっとかかるし、損失も出るだろう。

 

大企業はいいが、中小企業が、そんなことになれば一大事だ。

(そのような中小企業が存在するのか知らないが。想像です。)

 

EU離脱により輸出入関係で一番影響を影響を受けるはイギリスでの現地生産企業

 

イギリスでの現地生産企業は、EU離脱の貧乏くじを引いたような感じになりそう。

その多くは大企業ばっかりだろうから、何とかするだろうけど。

その他の企業は、大きな影響は制度上は無さそうだ。

 

円高については、全体に影響

円高については、日本の輸出企業にはマイナス、輸入企業にはプラス。

ただ、日本全体の景気が悪くなるから、全体的にマイナスですね。