さよならTPP


個人・中小企業のための輸出入相談所  行政書士・元通関士がお役立ち情報をご提供致します。

 

トランプ大統領とTPP

 

こんにちは。

 

輸出入許認可を扱う行政書士橋本です。

 

アメリカの大統領がオバマ大統領からトランプ大統領に変わりましたね。

 

いろいろトランプ大統領のやろうとしてることは報道されていますが、

 

輸出入許認可を扱う行政書士としては一番関心があったのは tpp はどうなるかでした。

 

さよならTPP

 

予めトランプ大統領は tpp を離脱することをお約束していましたが、

 

まさか本当に永久に離脱するとはびっくりです。

 

tpp が始まると将来的には環太平洋の国々において関税が無税になるはずだったので、

 

輸出入を取り扱う貿易商社にとっては大きな痛手になりますね。

 

昨年度からすでに日本側は tpp に向けて説明会を開いたり準備をしていたようなのですが、

 

このトランプ大統領の離脱表明で全てが水の泡です。

 

世の中本当に何が起こるかわかりませんね。

 

TPPならではの業務を考えていたのに・・・

 

当事務所としても tpp に絡んである業務を展開しようと考えていたのですが、

 

これでその計画は計画倒れに終わることになりました。

 

残念。

 

tpp から離脱するということは貿易分野以外でも影響があると思います。

 

人などの行き来が更に自由にできるようになる予定でしたがそれについても

 

御破産です。

 

外国人関連手続きは行政書士に結構影響のある分野です。

 

将来的には tpp に代わるものとして、二国間条約である fta に切り替わっていくようですが、

 

 fta 条約が新たにアメリカと結ばれるまでに数年はかかると思います。

 

あれほどを話題になっていた  tpp なのに、一体なんだったんでしょうかね。

 

先のことは、本当にわからないものです。