輸入承認申請の平均的な交付までの期間


個人・中小企業のための輸出入相談所  行政書士・元通関士がお役立ち情報をご提供致します。

輸入承認申請の平均的な交付までの期間

当事務所での取り扱い業務の一つである輸入承認申請ですが、申請してどれぐらいの期間で承認されているかご紹介したいと思います。

2、3日か、一週間か?実はもっと期間が承認されるには必要です。申請の準備や情報の取り寄せにも時間が必要ですので、前もって必要な方はご相談ください。

ご興味のある方は続きをお読みください。

 

輸入承認申請の標準処理期間は4週間です。

標準処理期間というのは、申請が受理されてから、官庁が処理に要する時間として公にしている期間です。申請に不備がなければ、この期間内に承認されてくるはずです。不備の指摘もなく、この期間を経過しても承認されていないのでしたら、官庁に確認する必要があります。

当事務所の申請は、受理されてから通常3週間で却ってきております。このあたりの期間が実情の期間のようです。

 

準備にも時間が必要です!

輸入承認申請に至るまでに、申請者の資格があるかないか、必要な書類に漏れがないか、最終のインボイスの確認などを行う必要がありますので、準備期間に1か月ほど見ておきましょう。慣れてくれば必要な書類はわかってきますから、手早くできるようになります。ただし、慣れたころにケアレスミスが発生してしまう傾向がありますので、個数等の表現に注意しましょう。

 

初めて申請する場合は2か月ぐらい前から準備したい

初めて申請する場合は輸入承認が必要な時期の遅くとも2か月前ぐらいか準備しましょう。準備に一か月、審査に一か月という感じが良いかと思います。海外からのインボイスの取り寄せ等も必要ですので、これぐらいの期間は通常必要です。

また、輸入承認が必要な商品等は輸出先国でも何らかの手続きが必要となるので、輸入承認証コピーなどが求めらる場合がありますので、そのようなことも考慮して、十分余裕を持って動きましょう。

 

これからも、輸出入に役立つ情報を紹介していく予定です。