輸出入通関とライセンス取得の時期

335b46ac95be280861d8c859e7947def_s

おはようございます。

輸出入コンサルタント橋本です。

 

輸出入の基準は通関を基準に考えると分かりやすい

 

今日は8月最後の週末なので、

いろいろとチェックを行っていました。

 

途中、許認可庁から確認電話がはいり、対応に追われました。

 

では、今日は通関が先が許認可が先がという問題

ついて考えて見ます。

 

ある商品を輸出したいとします。

 

輸出する準備を行っていると、許認可が必要とわかりました。

 

この場合は、先に許認可を取得し、通関時に許可等取得

 

済みであること確認してもらい、輸出許可となります。

 

では、次は輸入の場合です。

 

ある商品を輸入したいとします。

 

輸入の準備をしていると、輸入にあたりある許認可が

 

必要とわかりました。

 

この場合は、輸入前に必要な許認可を取得して、

 

通関時に許可取得済みであること確認してもらい、

 

輸入許可となります。

 

 

つまり、輸出入においては、通関手続き上は最後になります。

 

これは、なぜかといいますと通関が済むと、

 

内国貨物は外国貨物へ、外国貨物は内国貨物へと性質が変わります。

 

そこで、税関が輸出入の関所として、

最終の確認を行い関税法に基づく輸出入の許可を行うのです。

 

ただ、実務上、許可後にする手続きなどもないことはないので、

そのあたりは経験が必要な分野ですね。

 

貿易や輸出入の許認可でお困りの方はお気軽にご相談下さい。