国産キャビアの輸出計画をサポート

cbd2f7186376ce2c9ee008c7abb697a4_s

国産キャビアの輸出には事前準備が必要

キャビアといえば、ロシアの輸入品というイメージがありますが、

これからは国産品がメジャーとなる時代がやって来そうです。

 

そして、海外に向けてキャビアを販売することも行われているようです。

 

キャビアはチョウザメの卵ですね。

チョウザメと聞いてピンと来たかたは、貿易業界の経験者でしょう。

 

チョウザメは輸出入に別途他の法令の許可等が必要な種です。

卵も規制対象になりますので、許可等が必要です。

 

では具体的にはキャビア輸出には何が必要なのか?

 

  1. 水産庁への施設登録 繁殖場、加工施設、再包装施設
  2. キャビアへのラベル貼り付け
  3. 輸出承認申請とワシントン条約輸出許可申請

 

これらが必要な他法令手続きです。

これらの手続きを終えた後、税関で輸出許可をしてもらうことになります。

なかなか大変な作業だと思いますよ。